つつがむし病で死亡

千葉日報より

「つつが虫病」感染、船橋の70代男性死亡 千葉県南で草刈り中に刺されたか

船橋市在住の方がつつがむし病により死亡してしまいました。

千葉県南部はつつがむし病の高濃度汚染地域です。通常、山作業などでツツガムシに噛まれて感染することが多いですが、外猫の存在はツツガムシをより身近にします。

ほとんどの場合、速やかな病院受診で回復するのですが、今回の患者さんは亡くなってしまいました。

改めて、つつがむし病の怖さを思い知らされる事例になりました。

ペット、特に散歩を含め外を歩く犬猫のダニ予防は夏だけではありません。通年の予防を強くおすすめします。

ツツガムシの詳細については、下の記事よりどうぞ。

ツツガムシのサイズ、あなたは理解していますか?

関連記事

  1. 動物不適正飼養の典型

  2. 本質は(憧れの)英独スタイルー環境省とアマゾン「犬猫譲渡支援…

  3. 適正飼養と環境エンリッチメント

  4. 野生動物の市街地出没

  5. 南大東島の多頭飼育崩壊から考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP