マイクロチップは長さ1cm程度の電子標識器具です。動物の個体識別と管理に有効です。

当院では、特に譲渡予定の動物に装着することを推奨しています。譲渡先での管理不十分、遺棄虐待、再譲渡の抑止力になることが理由です。あってはならないことですが万が一そのようなことが発生した場合も、その管理者の責任を追及するうえで証拠にもなります。マイクロチップを装着していないと、先方にとぼけられたら確固たる証拠もなく、泣き寝入りになってしまいます。

犬は2週齢、猫は4週齢から装着可能です。ただ、それなりに太い針を刺すことになりますので、特段理由がない限り、不妊去勢手術の際に装着するのをお勧めします。麻酔がかかっていますし、それなりに身体も成長していますので。

料金 4,000円(税込 4,400円) 多頭の方、相談に乗ります

マイクロチップの詳細については、環境省のサイトをご覧ください。

【環境省】犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&A

PAGE TOP