『人福祉現場に動物医療を』

人福祉✕動物医療

当院は、『人福祉現場に動物医療を』を合言葉に、福祉事業者さまとの協働により、様々な現場での動物の不適正飼養にアプローチします。目的はあくまでも人の健康福祉向上です

「特に困っていない」

訪問介護や生活困窮者支援、子育て支援等、福祉事業に携わっているスタッフさんから、こういわれることがあります。確かに困ってはいないのかもしれません。しかし、いつ困りごとに発展してもおかしくない状況にまだ気づいていないケースがたくさん潜んでいます。

  1. 明日訪問したら庭で5頭の猫が生まれているかもしれません。
  2. 明後日その子猫が死んでハエがたかり、悪臭を放っているかもしれません。
  3. 来月には懐いた子猫がノミを運んでいるかもしれません。
  4. 半年後には孫猫が生まれて10頭以上に増えているかもしれません。
  5. そんな時、飼い主さんが入院するかもしれません。

保健所勤務やこのクリニックで経験を積んでいると、なぜこんなことになるまで放っておいたんだ?と疑問に思うことが多々あります。主な原因は大きく分けて3つあると思います。

  • 問題発生リスクに気づくことができない
  • どこに相談すべきかわからない
  • 動物問題は手を出せないと認識している

問題発生リスク

気づくことが難しい動物問題発生リスクの代表例は下の4点です。また更に下のフローチャートもとても参考になります。このようなリスク因子に気づいた時点で相談できる動物病院として当院を立ち上げました。

  • 犬に毎年狂犬病ワクチンが接種できていない
  • 餌をあたえっぱなし
  • 野良猫に餌を与えている
  • 子猫が生まれている
チラシ全部渡すとは、緊急性の高いケースを意味します。

自分の訪問先もリスクあるかもしれないと少しでも感じた場合、もう一度現場で意識して観察したり、飼い主と少しだけ動物の話をしてみましょう。

動物問題の相談先

多頭飼育対策ガイドライン概要図
『人、動物、地域に向き合う多頭飼育対策ガイドライン~社会福祉と動物愛護管理の多機関連携に向けて~』より抜粋

現状、福祉現場での動物問題を相談できる組織はないと思います。

保健所や警察は最終的な局面(多頭飼育崩壊や明らかな動物虐待)に陥るまで実質なにもできないのが現状です。更に、根本解決につながることはできません。

2021年、環境省が「人、動物、地域に向き合う多頭飼育対策ガイドライン~社会福祉と動物愛護管理の多機関連携に向けて~」を示しています。経済的困窮や社会的孤立による生活困窮等の社会的支援が必要な飼い主さんと多頭飼育問題は切っても切れない関係です。そのため、社会的支援をしている福祉事業者さまが最初に動物問題に接することが多いです。そこで、福祉関係者と動物関係者が協働して問題解決に動くことを目的に、このガイドラインがつくられました。

逆にいえば、これまでは各部局の協働ができていないということです。そこで福祉現場での動物問題について相談できる当院を立ち上げました。

とはいえ、いきなり動物問題に気を配ることは難しいと思います。介護保険や業務上の理由により動物問題に介入できないことも理解していています。だからこそ、ちょっとしたことから当院に相談してください。

動物放置で発生する問題4選

入院・入所の拒否

利用者さんの入院・入所が必要になっても、ペットを理由に拒むことがあります。帰宅時期がはっきりしていて短期間であれば一時的に預かってもらうことも可能ですが、そうでないことも少なくありません。これは紛れもなく利用者さんの不利益になりますし、担当スタッフさんも頭を抱えてしまいます。

また、ペットの預け先は信頼できる人でないと嫌とおっしゃることも多いです。このような場合、ぽっと出てきた愛護団体や獣医師がなにを言っても、解決は難しいでしょう。こういう状況を作らないために、一見飼育に問題ない方でも、平時から会って信頼関係を築いている動物の専門家がいることが望まれます。

健康被害

多頭飼育問題への対策は訪問スタッフと利用者自身の保護、防護という側面も大きいです。動物が不衛生に管理されている現場は、動物からの直接的な危害だけでなく、衛生害虫との接触、動物からもらう感染症のリスクが増加します。中には致死性の感染症もあり、無視できない問題に発展しかねません(詳細はページ下部付録参照)。スタッフが安全安心な環境で本来の業務に尽力できるよう、事業者が多頭飼育問題の相談先を持っていることは大変意義のあることだと思います。訪問先=職場であるため、スタッフの職場環境改善と捉え、積極的に問題解決へ介入する。御社がそんな先進的で労働環境の良い社会福祉事業者になるため、当院は協力させていただきます。

精神的苦痛

不衛生な利用者宅への訪問は誰しも億劫なものです。放置された餌にたかる衛生害虫、生まれては死にを繰り返す子猫、やっとの思いで生きている犬猫、狂犬病ワクチン未接種の犬。ここまでくると衛生面や上記の感染症リスクだけにとどまらず、精神衛生上もいいとは言えません。スタッフが精神的苦痛に耐えられずそのお宅への訪問継続困難は明日にでも起こる問題です。また、不適正飼養は悪臭や糞尿被害で近隣とのトラブルも起こしやすいです。ご近所さんからの孤立は利用者自身のQOLを著しく落とします。

動物の置き去り

利用者さんが入院等で家をあけた場合、動物たちは取り残されます。係留されている動物は水も餌もなくなるため緊急事態です。係留されていない場合も、近所のごみをあさったり、人に危害を加える事故を起こしかねません。残された動物問題は、御社が困る問題ではないと割り切ることは簡単かもしれません。しかしスタッフが普段から目にしていた動物たちの行方は知らんぷりというのは、心情的に気持ちのいいものではありません。それを防ぐためにも、当院への相談を検討ください。

当院の特徴

問題が大きくなる前に先手を打つことが理想です。当院は不妊去勢クリニックと謳っていますが、手術まで話が進んでいない段階でも喜んで相談に乗らせていただきます。そのために大事なことは、飼い主さんとの信頼関係を築くことです。だからこそ早めのご相談を。訪問先や利用者さんのペット問題についてひとりで悩まないでください。とにかく早い段階で関係機関が状況を共有し、多頭飼育問題の発生や肥大化を防ぎ、健康・衛生を維持し、動物との有意義な生活を実現させることが私たちの願いです。

付録

ノミ・マダニ由来人獣共通感染症

  • 日本紅班熱
  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)*致死率の高い感染症です!!
  • ノミ刺症
  • 瓜実条虫
  • 猫ひっかき病 など

上記の感染症はノミやマダニから人に感染する代表的な感染症です。基礎疾患のある方や高齢者に限らず、若い健康な方でも死に至る恐ろしい感染症もあります。利用者さんをはじめ、介護や送迎等のスタッフの健康保全のためにも、動物問題は無視できない問題なのです。

詳しくはこちら

飼育者に義務付けられていること

PAGE TOP