当院は、犬猫の不妊去勢手術及び予防獣医療に特化した動物病院です。一般の動物病院では対応が難しい症例の予防獣医療及び不妊去勢手術を承っています。そのような動物の健康と適正飼育を通じて、人の健康・福祉の向上を目的としています。

人の健康・福祉は、飼い主本人だけでなく、近隣住民や近隣環境も関連してきます。実際、多頭飼育を代表する不適正飼育は、公衆衛生面から大きな問題に発展する例が多数みられます。つまり、自治体の中でも「動物問題は環境部局」と割り切ることはできないのです。保健福祉、社会福祉部局も大いに関係してきます。訪問先の動物の飼い方について、気になることはありませんか?

2021年、環境省は「人、動物、地域に向き合う多頭飼育対策ガイドライン~社会福祉と動物愛護管理の多機関連携に向けて~」を示し、解決に乗り出しています。ガイドラインの名前のとおり、地方自治体(動物、環境、福祉部署)、動物病院、社会福祉事業者等、多機関の連携が求められています。

人、動物、地域に向き合う多頭飼育対策ガイドライン~社会福祉と動物愛護管理の多機関連携に向けて~より

この問題解決に必要不可欠な不妊去勢手術や予防獣医療を提供すべく、当院を立ち上げました。一般の動物病院では、いってしまえば不衛生な犬猫を一度に多数、手術や診察することは困難です。また、このような問題をもつ飼い主は、経済的に余裕がないことが多いです。そこで、当院は診察対象を野良猫など公衆衛生上問題になっている、またはその予備軍に限定し、提供する獣医療も不妊去勢手術と予防に限定することで、一度に多数の動物を低価格で対応できるようにしています。

ぜひ、私たちと官民協動により、飼い主も動物も、そして周りを取りまく関係者も気持ちのよい生活を目指しましょう。

市町村環境部局の課題

  • 未登録犬の把握及び登録
  • 狂犬病ワクチン接種率向上
  • 多頭飼育・野良猫による近隣環境衛生問題

このような課題の解決は、ぜひ社会福祉部局や社会福祉事業者を経由のうえ、当院にご相談ください。

一般の動物病院は一度にまとまった数に対応することが難しいです。毎年、狂犬病ワクチン集合注射の日程調整は大変苦慮されていると思います。獣医師も大変多忙な中、かけつけています。当院は、時期に限らず、一度に多数世帯への往診による狂犬病ワクチン接種や、送迎による不妊去勢手術が可能です。これにより、市町村の課題である狂犬病ワクチン接種率の向上、地域環境の問題になっている多頭飼育の解決が可能です。

PAGE TOP